23 3月

平成27年3月 本部鑑定会

-支部会員の小野田さんからご投稿いただきました-

   【3月本部鑑定鑑賞会ご報告】

                            小野田老生

去る3月14日土曜日、中村、杉浦両氏と本部会に参加しました。ご承知
の如く、超高齢のため参加するのに毎回途惑いがありますが、これも生き
ている証しと自分に言い聞かせております。ご報告を致す立場ではござい
ませんが最後になる可能性が強いので引き受けさせて頂きました。途中退
場と云う不完全な立場で申し訳ございませんが、後は中村、杉浦の両氏へ
の質疑応答で補って頂ければ幸いです(鑑定時間は毎回約一時間そこそこ)
正解は不明のまま退場しましたので杉浦さんにメールで教えて頂きました。

当日の鑑賞刀
1号 来国光 特重
2号 伝正宗 刃中の働き凄い
3号 伝長重 地刃正宗に劣らない出来
鑑定刀
1号 伝兼光 刀
2号 伝兼光 刀
3号 伝長義 刀 見知り
4号 師光 太刀 見知り
5号 次行 太刀 見知り

お恥ずかしい事ながら見知りの内、次行はイヤに古く見え外し、1号2号の
2振りは備前刀に見えず完敗でした。昨日、佐野美の講座で大兼光が出さ
れたのを機によーく見て来ましたが上記の2振りの兼光とは比較にならず
もう一度見たいと思いました。
1号は身幅広く、鎬やや広め、重ね薄目、地の鍛えは柾気を感じ、透かし
て見た時小互の目が目立ち、何となく大和風に思え、2号は手持ちが軽く
身幅やや広め、重ね薄目、切先伸びて地鉄は気のせいか肌立ちザングリに見
え新古不明で弱りました。なぜか両刀とも備前は全く感じませんでした。

3号4号は見知りで「刀美」を見ている方なら何も問題無く5号もその筈
でしたが、光線の関係かその時の自分にはもっと古く見えてしまい答えを
教えて貰いあッ!でした。以上非常にお粗末なご報告になりました。ここ
でブログ活性化のためにも中村、杉浦両氏の補足のご説明を頂けたらと思
います。拙文お読み頂き有難うございました。この範囲でのご質問があり
ましたらどうぞお寄せ下さい。

本部_2015年2月_写真

    当日の本部鑑定会の様子

 

-小野田さんお忙しいところご協力いただきましてありがとうございます。 杉浦-