14 3月

平成27年度第6回 日本刀初心者講座

今回は静岡支部事務局の齊籐さんから今年度最後の初心者講座の様子をレポートして
いただきました。お忙しいところありがとうございました。


第6回初心者講座

平成27年度から新たにスタートした初心者講座も第6回目を迎え、今回で最終講座となりました。
3月12日(日)護国神社つつじ会館で行われた講座には初心者の方7名が参加され、映りの勉強を
行いました。

第6回初心者講座-2A

映りとはどんなものか先に説明している様子

講師の杉浦さん、海野さんから映りの見方の講義を受けた後、各自で鑑賞刀の映りを鑑賞しました。
備前の棒映り、乱れ映り、美濃の白け映りを実際の刀で見ましたが、最初はどこに映りがあるのか
分からない方も多く、どこが映りかさっぱりわからない、この刀に本当に映りがある?などの声も
ありましたが、白熱球の光線の位置を変えたり、少し離してみたりして、全員が映りを見ることが
出来ました。
参加者から映りは離れたところで後ろから見た方がよく見えるとか、光線の角度で、見えやすい
ところがあるなどの声があり、実際の刀で見ることの大切さを学びました。
最後に参加者一人ひとりから 初心者講座を受けての感想を聞きました。
主な感想として、刀は奥が深いことが分かったので、さらに続けて勉強したい。刀の見方が少し
分かったので今後は入札鑑定にも頑張りたい。これからは新刀、古刀の違いを知りたい。
現代刀の位置づけはどうなっているのかなどあり、講師の方が、一人ずつ適切なアドバイスをして、
大変有意義な時間を過ごしました。

第6回初心者講座-1A

刀を鑑賞中。皆さん真剣な眼差しです。


平成28年度も続けて初心者講座を開講しますので、初心者の方だけでなく、勉強してみたい方は
ぜひこの講座に参加していただければと感じました。また講師の杉浦さんから「最初はうまく説明
できなかったが、1年間やってだいぶ慣れてきたので、次回からは、もっと上手に講義ができる」との
心強いコメントもありました。
初心者講座は静岡県支部として初めての試みでしたが、講師の方の頑張りと熱心な初心者の方の
参加があり、当初の目的は十分果たせたと思います。
最後に講師の杉浦さん、海野さん、1年間、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。
来年度もよろしくお願いします。

齊藤記