22 4月

平成28年度 第1回 日本刀初心者講座

本年度第1回目の日本刀初心者講座の様子を副支部長齊藤さんからレポート
いただきました。ありがとうございます。

 

4月19日、平成28年度第1回目の初心者講座が定期総会後、開催されました。
今回は、昨年度から継続して受講している会員に加え、今年度新たに入会した
女性会員3名を加え、総勢14名(見学者2名を含む)が参加しました。
最初に、長橋会長から開講の挨拶と刀剣取り扱いマナーの説明がありました。

H28 第1回初心者講座-1-1

長橋支部長の取り扱いマナーの説明


第1回目ということもあり、最初は皆さんはちょっと緊張していたように見えましたが、
杉浦講師から配布されたテキストを基に講座が始まると緊張もとれ、皆さん
真剣に学んでいました。女性会員中にはメモ帳を用意して、講師の話したポイントを
しっかりメモっている方もおり、その熱心な態度に感心しました。

H28 第1回初心者講座-3-3

刀を鑑賞中・・

 

H28 第1回初心者講座-2-2

慣れた手つきなので安心できます

 

今回の内容は、テキストを使って刃長による打ち刀、脇差、短刀の呼称や、太刀と
刀の違い、刃文、地鉄の見方など刀剣鑑賞の基本を学んだあと、実際に刀を手に
取って座学で学習したことを鑑賞刀で確認するといった勉強でした。

私事ですが、もし初心者の方から「打ち刀と太刀の違いは 何ですか?」と
聞かれたらなんと答えたらよいか迷ってしまうなあと思いながら聞いていました。
数十年も刀とお付き合いしていても、意外と簡単なことを説明できないことも多く、
基本の勉強の大切さを改めて感じました。

また、刀に関する言葉には独特な表現があり(例えば、地沸、匂い、地景、映り、
金筋、砂流しなど)言葉と実物が分からないまま、過ごしていることが多々あります。
特に初心者の方は、分からなかったらすぐにその場で聞くことが大切です。
私はそうすることが 刀剣を理解する近道と考えています。今年度あと5回講座が
ありますので、ぜひ疑問を後回しせず、その場で解決するようにしてください。

齊藤記