23 10月

平成28年度 第4回 日本刀初心者講座

皆様、こんにちは。支部会員の杉浦です。
かなり過ごしやすい季節になりました。
そして今回も日本刀初心者講座に足繁く通っていただきありがとうございます。
ご参加いただいたのは14名。相変わらず堅調です。来年度も募集をかけるのでさらに
参加者が増えるとこのままでは刀を見る時間が短くなってしまいます。そこで
来年度からは、新たに「応用編」というコースを設けることにしました。
現在、初心者講座を受講されているかたで進級希望のかたが対象です。
支部の鑑定会鑑賞会初心者講座のある同じ日の午前10:30~12:00になります。
午後からはそのまま鑑定会に参加というスタイルです。午後はいつものように初心者講座
を行います。
気になる応用編の講師は・・・・・残念ながら、またもや私、杉浦が担当させていただきます・・
来年度もまた忙しくなりそうです。
さて、お話を戻しましょう。
今回は「刃紋」についてです。比較的わかりやすい内容です。

%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%93

初心者講座の様子1

%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e8%ac%9b%e5%ba%a7

初心者講座の様子2


鑑賞刀は、
1号刀・・・直刃 (新刀、江戸中期、山城、国清)
2号刀・・・互の目 (古刀、南北朝、備前、兼光)
3号刀・・・丁子 (古刀、室町中期、備前、則光)
4号刀・・・乱れ (新刀、江戸中期、肥前、正廣)
5号刀・・・尖り刃 (古刀、室町後期、美濃、兼氏)
を用意させていただきました。皆さん、真剣に刀を鑑賞されておりました。
今年度の新入会員さんもここまでくると鑑賞される姿がサマになっております。
そして、今回、「初心者講座にご参加いただいてるかただけの入札鑑定会」の
前準備として入札鑑定の練習を行いました。内容は「新刀」か「古刀」を当てる練習です。
さらにわかれば地域や国名も入れてもらいました。
少し難しいかなぁとは思いましたが、皆さん、果敢に入札されてきました。
入札内容を見ると、鋭い入札あり、初札は間違っても二札目はしっかり当てるかた、
色々です。
初心者だけの鑑定会の本番がどうなるか楽しみです・・