27 3月

平成28年度 第6回 日本刀初心者講座

今回は今年度よりご入会いただいた三宅さんにご投稿いただきました。
このたびも杉浦からの容赦のない「ブログを書いて!お願い!」攻撃を浴びせて
しまったにもかかわらず三宅さんは快く引き受けていただきました・・
お忙しいところありがとうございました!


こんにちは。静岡県支部の三宅です。
先日、28年度最後の初心者講座が静岡市柚木・宮前自治会公民館で行われました。
最終回のテーマは「映り」の種類について。
地斑映り、沸映り、棒映り、乱れ映り、白気映りについてどのように見えるのかを
言葉と図で説明をしていただき、またそれらが現れるのがどの国の刀になるのかを
教えていただきました。
そのあとは実際に用意していただいた鑑賞刀を実際に手にとって、講師の先生や、
先輩方に助言をいただきながらそれぞれの刀の映りを探します。

IMG_0230

鑑賞中・・


見えるか見えないかは人による、ともいう映り。なかなか見えなかったり、見えた!と
思ってもいまいち自信がなかったり…。
少し離れた方が見えやすい、というアドバイスをいただいたので、他の方が手に
取っているとにに背後から覗き込ませていただいたりと、チームプレーでの
チャレンジとなりました。
最終的に用意していただいたすべての鑑賞刀について映りが見えたつもりですが、
思い返すと、本当にあれが正解だったのかな?と思ってしまいます。

刀剣についてはまったくの初心者でしたが基礎的な用語、時代による姿の変遷、
刃文や地金の見方、沸と匂いの違いなどをじっくりと教えていただいて、一年前に
くらべたら少しはそれぞれの刀の素敵なところを見つけてあげられるようになったかな?と
思っています。
右も左もわからない初心者ですがみなさんのサポートでたのしく勉強をすることが
できました。来年もしっかり勉強をしていきたいとおもいますので、みなさまご指導
ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です