22 6月

平成29年度 静岡県支部鑑定会・鑑賞会

こちらの投稿は先月に引き続き事務局の齊籐さんにご投稿いただきました。
お忙しいところありがとうございました。
久々に本部講師をお招きしての鑑定会開催となりました。初心者講座午後の部(基礎)
も早めに切り上げ初心者のかたでもこちらの鑑賞鑑定会に参加していただきました。



6月18日(日)に第2回目の鑑賞鑑定会を柚木宮前町公会堂で開催しました。梅雨入りに
なったとはいえ、この日は、夏のような蒸し暑いなかでの鑑賞鑑定会でした。
講師は日刀保学芸部調査課主任 井本悠紀氏にお願いし、本部の御刀5口を用意して
いただきました。
今回は、3本入札として、 参加した皆さんに鑑定を大いに楽しんでいただきました。
以下鑑定刀を簡単に紹介します。

IMG_0388

IMG_0391

1号刀は 特重指定の刀で無銘の当麻です。茎には恐の金象嵌がありました。鎬幅が広く、
柾目が目立つ地鉄や刃中に金筋、砂流しがかかるなど大和伝の特徴がよく表れた刀で、
ほとんどの方が当麻、尻懸、手掻などの大和物に見ていました。この刀は本間薫山先生著の
「名刀の見どころ極めどころ」の本に所載されています。

2号刀は肥前の行廣(初代)の刀です。
長さが2尺3寸強、反りが6分のがっちりした体配で、特徴のある互の目丁子を焼いた
典型的な脇肥前の刀です。肥前刀の特徴は寛文時代でありながら反りが深く、肥前国の
独自の姿と、樋が両チリとなるところが見所との説明がありました。

3号刀は長光の太刀です。身幅細目で、直刃出来で、帽子は三作鋩子となっており、
地鉄には乱れ映りがよく立っている所から、備前刀と見て長光、真長、景光、近景などの
入札が多かったです。講師から長光の後期作はおとなしい姿に変化していくとの解説が
ありました。この刀も出来から後期作と思われます

4号刀は安政6年の年期のある固山宗次の刀です。新々刀の特徴である小板目がよく詰んだ
無地風の地鉄となり、匂口締り心の互の目を約3寸の間隔で定期的に表した刃文です。
匂い足が刃先までに抜けるなど新々刀の特徴をよく表した宗次の刀でした。

5号刀は小反りの刀で銘は備州長船次行の刀です。時代は南北朝後期から室町初期にかけて
活躍した刀工と思われ、身幅に比べ重ねが厚いことが小反り一派の特徴です。小反りと
呼ばれる刀工は数多くいますが、刀工ごとの刃文に個性が少ないことが特徴です。
この刀も小ずんだ互の目に逆落ち互の目を交え、個銘まではなかなか当たりませんが、
小反りと見ればよいとの事でした。

IMG_0393

IMG_0396

当日の鑑定刀と入賞者は下記のとおりです

1号刀 刀 (無銘)当麻(特重)
2号刀 刀 肥前一文字出羽守行廣
3号刀 太刀 長光
4号刀 刀 備前介藤原宗次作之 安政六年二月日
5号刀 刀 備州長船次行

天位   齊藤慎一 
地位   中村和人、小野田彰、枡田龍彦
人位   菅原富夫

2 thoughts on “平成29年度 静岡県支部鑑定会・鑑賞会

  1. 皆様今日は。鑑定会参加者最高齢(85歳)、皆様のご厚情により今回も参加する事が出来感謝致しております。いち早く友人にもメールして置きましたが、小生の場合、今回の鑑定刀は殆どが見知り刀です。それも何回も回を重ねた見知りで「満点」で無かったのが非常にお恥ずかしい事でした。鈴木嘉定さんご寄贈刀より当麻,行弘、藤沢乙安さんより次行、他は刀美誌鑑定刀。特に恥ずかしかったのは1号の当麻、・・・・包永、則長、と行き3本目に当麻。穴が在ったら入りたいとは此の事です。一回一回心して会に臨んでいればこんな破廉恥な思いはせずに済んだ筈と大いに反省しており・・・・・もう遅すぎますが。これからも足腰の立つ間はお世話になる積りです。今後も宜しくお願い致します。最後に役員、並びに関係の皆様に多大のご苦労おかけ致しました事感謝致します。

                焼津市     小野田 彰老生

    • 小野田さん、コメントありがとうございます。
      こんばんは、杉浦です。先日はお疲れ様でした。
      御年85歳にて鑑定会にご出席されるのは全国的に見てもほとんど
      いらっしゃらないと思います。
      そしてそれ以上に記憶力を保持されているだけでもすごいことだと
      思っております。
      今後とも静岡支部のことを見守っていただければ助かります。

      杉浦

Comments are closed.