9 8月

平成29年度 第3回 支部鑑定会・鑑賞会

齊籐さんから鑑定会の様子をご投稿いただきました。
いつもありがとうございます。助かります。
杉浦も初心者講座が終わった後、鑑定刀を拝見させていただきましたが、1号刀が
特にまったくもって見当がつきませんでした。鑑定会が終わった後の反省会では
ビールがおいしかったです・・



8月6日(日)に第3回目の鑑賞鑑定会を掛川市報徳社仰徳記念館で開催しました。
全国的な猛暑の中、ここ掛川も30℃を超える中での鑑定会でした。
講師は元日刀保 調査課長の岩田隆氏にお願いし、5口の御刀を用意して
いただきました。

鑑定会1

参加した皆さんに大いに楽しんでいただくことを目的に鑑定は3本入札にしましたが、
今回の鑑定刀は難しく、ベテランの方も頭をひねっており、従来の鑑定会とは
違って勉強になりました。
以下鑑定刀を簡単に紹介します。

1号刀は波平治行の重要刀剣指定の刀です。ほとんどの方が位どりと時代を上げて、
来国行、雲生、青江などに入れておりました。茎を見ると生ぶであり、生ぶの
姿から室町期の体配ですが、1号刀には名刀が多いとの先入観もあって、これを
見逃していました。講師から、もしこの刀が無銘であったら皆さんはどこに
見るのでしょうかとの問いかけがあり、刀の位取りを見る大切さを勉強しました。
なお、この刀は 鑑刀日々抄(続)P134に記載がありますので、参考に
してください。

2号刀は越後守包貞(二代)の重要刀剣指定の刀です。
長さが2尺3寸強のがっちりした体配で、濤瀾刃の中に金線、砂流しが全体的に
かかり焼出しのある典型的な大阪新刀です。入札結果は1本目で助広に入れ、
2本目で包貞と入れた方が多かったです。包貞の特徴として棟の卸が急になって
いること、刃中に金線、砂流しが全体的に入っており、助広はこのように砂流しが
入る刀は少ないこと、また助直は時代が元禄頃となり反りが深くなることなどが
見どころであるとの解説がありました。

3号刀は吉岡一文字 助吉の重要刀剣指定の太刀です。この刀も入札鑑定は難しく、
青江、来、長光などばらけていました。いつも、見ている吉岡一文字と違って、
直刃基調で小足入る刃文で、映りがほとんど見えず、素直に吉岡に行けない
刀でした。講師から 在銘の吉岡にはこのような刀もあることを覚えてほしいとの
コメントがありました。

4号刀は短刀の 源正雄です。重ねが厚く、新々刀の特徴である小板目が
よく詰んだ無地風の地鉄となり、匂い口の深い互の目に砂流しが入るなど
清磨一門の特徴が出た短刀です。

5号刀は古青江助次の特別重要刀剣指定の太刀です。見幅広く、反りの深い
体配に小板目に杢が交る地鉄で、やや締りごころの中直刃を焼き、帽子は
小丸に返る。時代は鎌倉中期頃とのことです。講師から古青江と青江の時代区分
についての詳細な解説があり、参考になりました。

鑑定会3

鑑定会4

当日の鑑定刀は下記のとおりです

1号刀 刀  波平治行    (重要)
2号刀 刀  越後守包貞(二代)(重要)
3号刀 太刀 吉岡一文字 助吉 (重要)
4号刀 短刀 源正雄 
5号刀 太刀 古青江 助次   (特重)

                       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です